×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエットドリンクでダイエットをするには?

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ゴーヤドリンクでダイエット

手作りゴーヤドリンクの材料は1人分でゴーヤ1/4個とレモン1/4個を使用します。

まず、ゴーヤドリンクを自作するには、しっかり洗ったゴーヤを3〜4cmに切ります。

この時、わたや種を除去する必要はありません。

そして、レモンの絞り汁とスライスしたゴーヤ、適度な水を加えてミキサーにかけることで、ゴーヤドリンクができます。

できあがったゴーヤドリンクは、長時間空気に触れていると酸化してしまうため要注意です。

りんごをプラスするとアントシアニン系の成分作用で胃での栄養吸収がよくなり、ほのかな甘味と酸味で飲みやすくなり、ダイエット効果もアップします。

トマトをプラスするとゴーヤにも含まれているリコピンパワーが更に加わり、抗酸化作用が高まりダイエット効果と共にアンチエイジング効果もアップします。

ゴーヤドリンクにはゴーヤの苦味がつきものですが、そこに甘さを足すにはスイカを加えるという方法もあります。

スイカはむくみの解消効果もあり、ダイエットに役立ちます。

効果を高めるには、1杯〜3杯のゴーヤドリンク摂取を毎日続けたいものです。

ゴーヤドリンクを毎日の生活の中で飲む時は、まとまった量を1回で飲み干してしまうより、体内の濃度が一定になるよう朝昼晩と時間を定めて飲み続けることがダイエットに効果的です。

作ってすぐに飲むのがよりダイエット効果の高いゴーヤドリンクの飲み方ですが、その方法では続かないという方には市販品もあります。

シロップ等で甘味づけされている物や、繊維質が取り除かれている物は、ダイエット効果が半減するので注意が必要です。

小野真弓さんオススメダイエットは『ファスティングデーツ』

トマト酢はダイエットに効果的なドリンク

ダイエットに効果のあるドリンクとして人気が高いものにトマト酢があります。

トマト酢のダイエットドリンクの材料は1人分で、トマトジュース150mlと酢大さじ1杯です。

トマトジュースと酢を1つのカップに入れて混ぜ合わせるだけでトマト酢のダイエットができます。

ダイエット効果を高めるトマト酢の飲み方をするならば食事の前がいいのですが、酢酸の刺激が胃にくるという方は食後の摂取がいいでしょう。

一杯のトマト酢は約30kcalで、朝と晩の2回、食前に摂取する習慣をつけるとダイエットにいいでしょう。

スーパーのトマトは、まだ青いうちに収穫して身が固いうちに輸送し、赤く熟れさせてから店に並べることで傷まないようにしています。

けれども、リコピンやビタミン等のトマトの栄養素をたくさん摂取したい場合は、トマトが赤くなるまで穫り入れない方がいいとされています。

トマトジュースは、そういう観点からダイエットで重宝されています。

トマトの栄養素を体内に取り入れたいという場合は、完熟トマトから作られたトマトジュースを飲む方が、直接トマトを食べるよりもいいことがあります。

よりダイエット効果や健康効果を増すためには、クエン酸を豊富に含むもろみ酢をトマト酢に加えるといいでしょう。

疲れ気味や肩こりの酷い体に効果的に作用します。

トマト酢ドリンクにリンゴ酢を使用すると、胃腸の働きを整えてくれるクエン酸やリンゴ酸といった有機酸が豊富な為、ダイエットはもちろん高血圧、アトピー性皮膚炎、美白にも効果を発揮してくれます。

ダイエット効果の高いトマト酢を作るには黒酢もお勧めです。

黒酢はアミノ酸か17種類も入っており、新陳代謝をアップし体内の細胞を作り出す能力をアップさせるからです。

小野真弓さんオススメダイエットは『ファスティングデーツ』

黒糖とバナナ酢のドリンクでダイエットをする

バナナと酢と黒糖でバナナ酢ドリンクを作ると、ダイエットに役立ちます。

黒糖入りバナナ酢の材料は、バナナ3本に酢0.5リットル、そして200g〜500gの黒砂糖です。

黒糖入りバナナ酢を作るためのビンを用意して、皮を剥き筋を取ってからぶつ切りにしたバナナと、黒砂糖全量を入れてください。

ダイエット効果を高めるトマト酢の飲み方をするならば食事の前がいいのですが、酢酸の刺激が胃にくるという方は食後の摂取がいいでしょう。

酢を入れた後、しっかり蓋をして冷蔵庫に保存し一晩待ちます。

バナナは捨ててしまって黒糖バナナ酢の原液だけを使ってドリンクを作ります。

飲む時は、バナナ酢の原液を3倍に希釈して飲みます。

水割りもいいですが、牛乳割りもおいしいです。

このドリンクをダイエットに活かすには、毎日1〜2杯を摂取します。

また、よりダイエット効果をアップさせるような黒糖バナナ酢の飲み方もいくつかあります。

レンジで30秒加熱することで、バナナ酢のバナナが熟し、風味のいいドリンクにすることもできます。

豆乳でバナナ酢を薄めて飲むという方法はダイエット効果を高めるためにもお勧めです。

豆乳に含まれる大豆ペプチドやイソフラボンは、ダイエット以外にも美容や健康にも効果的です。

意外性のある組み合わせかもしれませんが、バナナ酢にオレンジジュースを足すという飲み方も合います。

肌の状態が気になる人は、オレンジジュースでビタミンCを摂取してみてください。

黒糖、バナナ、酢のトリプルパワーで糖の吸収が抑えられ、体の脂肪が燃えやすくなり、ダイエット効果を促進してくれるのが、黒糖バナナ酢ドリンクなのです。

小野真弓さんオススメダイエットは『ファスティングデーツ』

スポンサード リンク
バイアグラ | 現金化 | 広島 | 宝島 | 不妊症 | マスク | 婚活 | 国内格安航空券 | 個人レッスン | カメラ通販 | FX | インテリア |