×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

3つの足やせ方法で効率良く痩せよう!

スポンサード リンク

トレーニングで足やせ

足やせを目指して頑張っている人は大勢いるようですが、ダイエットと足やせはよく似ていますが違うことを知っておきましょう。

もしも足をやせさせたいと思うなら、ダイエットで体重を減らすのではなく、リンパの循環をアップさせ足のむくみを取りましょう。

太ももダイエットで足やせを目指すという時は、日々のトレーニングを行うといいでしょう。

ダイエットのためのトレーニングと言えども、がむしゃらに鍛えていたのでは、太ももダイエットになりません。

トレーニングの仕方が間違っていては太ももやせどころか、余計な筋肉がついてかえって太くなってしますこともあります。

太ももダイエットのポイントは、足の裏側や内側等、普段あまり使う事の無い筋肉を鍛える事が大切です。

普段使われず、鍛えにくい太ももの部分を引き締める事でダイエット効果が上がるのです。

鍛えにくい部分を鍛え、脂肪が定着しやすい部分の燃焼を促進することによって足やせが可能なほどの筋肉もつくでしょう。

適切なトレーニングで筋肉がつけばその分体脂肪は減り、自然で健康的に痩せる事が出来ます。

トレーニングを習慣にして、理想的な太ももダイエットを目指してみませんか。

太もも太りは骨盤の歪みが原因の場合も少なくありません。普段の歩く姿勢や座る姿勢をチェックすることも足やせをする時には重要なことです。

アロマセラピーで足やせ

スポンサード リンク

アロマフットバスは、アロマテラピーの考え方を活用して足やせをするという方法になるようです。

まずくるぶしまですっぽり入れることができるバケツを用意し、やや熱めの湯を張ります。

そこにアロマオイルを1〜2滴入れ、軽く汗をかくまで20分ほど足を浸しましょう。

随時差し湯をして、下がってきた水温は一律に保ち続けます。

足やせはもちろん、冷え性に悩む人にはローズマリー、ユーカリ、ラベンダーなどのアロマフットバスがお薦めです。

クラリセージ、ジュニバー、ゼラニウムは重い生理の緩和にいいとされています。

汗をかきやすくなり、疲れからの回復効果を期待するならば、レモンやラベンダー、サイブレスがいいでしょう。

また、足やせ効果を期待するなら水分の排出を助けむくみを解消するヘリクリサムがいいでしょう。

マジョラムやサイブレスのアロマは、足の疲労や筋肉痛の回復に効果的です。

ベルガモットやティートリー、ペパーミントが足蒸れで起きやすい臭いの解消に役立ちます。

アロマセラピーのポイントは好きな香りのエッセンシャルオイルを選ぶ事です。

好きな香りによる刺激は嗅覚から脳へ伝わり脳の視床下部を刺激しますが、薬効が豊富なオイルであっても好きじゃない香りの場合は足やせはもちろん、アロマセラピーの効能を充分に得られない事があります。

熱い湯に好みのアロマをたらし、心地いいアロマの香りを堪能しながらアロマフットバスを習慣的に利用して、足やせ効果を引き出してください。

マッサージで足やせ

足をやせさせるには、入浴が終わってからオイルで丁寧にマッサージをするといいでしょう。

足やせマッサージにいいとされる香りがあります。

ベースとなるオイルにはホホバオイルを用い、そこにヘリクリサムやサイブレス、レモンやジュニバーを加えてマッサージオイルにします。

冷たいままのオイルは使わず、てのひらで人肌になるまで温かくしてからマッサージを行います。

20分ほどかけて、足の付け根から足首を丁寧にマッサージしましょう。

その日の疲れやむくみを入浴後のマッサージで解消する習慣をつけると、足やせ効果も期待できます。

更に足やせのマッサージを行う前に軽くストレッチをしたり簡単な体操をする事で、リンパの流れや血行を良くします。

マッサージは、足やせだけでなくデトックスやむくみ対策にもなります。太もも部分やヒップ周りのマッサージは自分では出来ない部位なので自宅では難しいものです。

経済的に余裕があればエステに行って、足やせ集中コース等を試してみるのも1つの方法かもしれません。

むくみによって足が太く見えるという場合、骨盤の歪みのために血やリンパの流れが阻害されている可能性があります。

その場合、足やせ効果を高めるには骨盤の歪みから正さなければなりません。

骨盤の歪みや足のむくみ、太ももの脂肪などを理解することで、自分の足をやせさせるためには何が必要か、マッサージや運動はどう活かせるかを考えて実践しましょう。