×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウォーキングダイエットのメリットと注意点

スポンサード リンク

ウォーキングダイエットのメリット

毎日のウォーキングは、ダイエット効果をもたらしてくれます。

大枚をはたいて道具を揃えずともできるウォーキングダイエットは、個々人の生活リズムに合わせて調整も可能で、ダイエットに効果があるいいやり方です。

続けること自体に気持ちも体も苦労するようなやり方はお勧めできません。

ウォーキングはジョギングなどよりも身体にかかる負担が少ないので、日頃は運動から遠ざかっている方も安心して取り組めることもメリットですね。

けれどもウォーキングダイエットで最も注目していただきたい点は、ウォーキングが有酸素運動であることです。

少なくとも20分は有酸素運動を続けない限りは、蓄積された脂肪を代謝できません。ダイエットのために運動をするつもりなら、できれば20分以上は続行可能な運動にしましょう。

ウォーキングの利点は、ダイエットで脂肪が燃えやすく溜め込まれやすくなるに十分な、20分以上の運動をすることがごく自然に求められている点です。

ダイエットで脂肪を減らせる範囲は限られており、ウォーキングは全身の運動にはならないと考える方もいます。

ウォーキングで動かす筋肉は足や腕くらいと思われるかもしれませんが、ウォーキングは全身運動となり、体全体の筋肉を使って全身の体脂肪を効率よく燃焼することができます。

ウォーキングを毎日続けることで、効率的なダイエット効果を得ることができるでしょう。

ウォーキングは誰でも簡単にできる運動ですから、ダイエットをはじめる良いきっかけになりますね。

ダイエットに効果的なウォーキング

スポンサード リンク

ダイエットのためのウォーキングは単なる散歩ではありません。

適切な体の動かし方でウォーキングを行わなければ、ダイエットを成功させられません。

まず意識していただきたいのは姿勢です。

特に猫背の方は、胸を張るように真っ直ぐな姿勢でウォーキングを行ってください。

猫背姿勢のままで歩いていると、ウォーキングをしても筋肉の運動効果が半減しますので、ダイエットにはなりません。

歩く際の両足の幅は大きめに取り、大きな動作でのウォーキングをしましょう。

身長の5割程度の距離を一歩で進むようなウォーキングをしてください。

猫背気味な姿勢を正し、意識して両足を大きく広げると歩く速さもアップします。

普段の3割くらい大股にしてみてください。

ダイエット効果を上げるためには早足でのウォーキングがお勧めなので、歩幅に気を配る以外にも腕を振るなどして意識的にスピードを上げていきましょう。

ウォーキング中は視線を前方に向け、顔を上げて歩きましょう。

ウォーキングをしていても姿勢がまっすぐにならない人は、視線が下を向いていることがあります。

ダイエットにいいウォーキングを維持するためにも、歩きながらも時々自分の姿勢がどうなっているか意識しましょう。

健康的なダイエットを目指すならば、ウォーキングによる全身運動を続けて脂肪の燃焼しやすい体を作り、全身の体型から変えていくことが有効です。

ウォーキングダイエットの注意点

ウォーキングダイエットの注意点は、無理をしないことです。

体調不良時に休息を取ることはもちろんですが、張り切りすぎて自分の限界以上のウォーキングダイエットに組むのは感心できません。

息が軽く切れるくらいの運動量をキープするだけでも、ウォーキングダイエットになります。

どのくらいの運動ができるかは人によって差がありますから、自分以外の人を意識して運動量を調整する必要はないでしょう。

運動で代謝を促進するためにも、ウォーキングの途中でもまめに水分摂取をします。

一般的には水やお茶などが適していますが、低血糖の恐れがある方は清涼飲料水や飴も持ち歩くようにしてください。

お腹が空いている時にウォーキングをすると血糖値が下がったり体調を崩す恐れがあるので、体調と相談しながら日程を組みましょう。

また、食事回数をダイエットで減らすという方もいますが、食習慣は維持する方がリバウンド防止にもなります。

軽くストレッチをするなどして、ウォーキング前に筋肉を温めることも大事です。

準備運動をしないで、いきなりウォーキングを始めるのは体調を崩したり怪我をしたりするもとになります。

ウォーキングダイエットをする時はウォーミングアップはセットでついてくるものと見なしてください。

このように、ウォーキングダイエットには自己管理が重要となります。

自分のペースを理解し、体質や生活に合ったウォーキングダイエットを行ってくださいね。